お転婆ちわわ、はな(今年1月13日生まれ、メス)の日常です。コメントいただけると嬉しいです♪


by tapasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Piano

今朝のテレビ朝日「題名のない音楽会」で
フジ子・ヘミングがピアノを弾いていた。

去年、彼女の演奏を聴きに行ったのだけれど、
ピアノをかじったことがあるだけに、
音を外すことが多くてちょっと気になってしまった。
それでも、どっしりとした雰囲気が勝って
ひやひやした感じは受けなかった。

触発されて、今日はピアノを弾いた。
天気も雨が降ったりやんだりで、ちょうどいい。
彼女の代名詞ともなっている「ラ・カンパネッラ」の楽譜も
去年買っていて、いつでも練習できるようにしてある。
ま、練習していないけれども。

3才から始めたピアノ。
18才まで、ほぼ毎日弾いていた。
日々の単調な練習が嫌いで、飽っぽい私を
根気よく先生が教えてくださったおかげで、
県のコンクールで賞までもらえた。
私なりにがんばっていたんだな。

私のピアノは、今、自己分析すると、あまりきっちりしてない。
よく言えばやわらかい、ということになるのだろうけど。
早い音階を機械のように正確に弾いたり、
音符の長さを楽譜どおりに弾いたり、
そういうことが苦手だった。
そこを気にしなさい、と言われても、
そんなことは小さなことのようで、気にすることができなかった。
そんな自分を少しコンプレックスに思っていたかもしれない。
ピアノって性格がでるよね。

でも、先生も気にされる方ではなく、
それよりも旋律の美しさとか、全体の流れを、一緒に歌いながら教えてくださった。
枠にはめられることなく自由にさせてもらったと思うな。
私の、悪いところを直すのではなく、
いいところを伸ばす指導をしてくださったのだろうな。

尊敬する先生。

また少し始めてみようかな。(と、今は思う。気持ちが持続しない・・・笑)
ピアノを弾いているときの集中力は、他では得られない。(あ、集中力も持続はしない・・・涙)

それにしても、「フジ子・ヘミング」を、
いつも「フジ子・ヘミングウェイ」とさらっと言ってしまうの、なんとかしたい!
それは「老人と海」だから!



f0101658_2254245.jpgまた作った、みたらし団子。

f0101658_22552170.jpgゴーヤとひき肉のさらさらカレー。お昼に。
レシピは、「野菜だより」から。おいしかった。ゴーヤを使い切ったぞ!
材料:ゴーヤ、合いひき肉、にんにく、しょうが、玉ねぎ

みじん切りにしたにんにく、しょうが、玉ねぎを炒め、次にカレー粉、一味唐辛子、ゴーヤをいため合わせる。
酒、水、鶏がらスープの素を加え、あくを取り、カレールー(少し)、みそ、ナンプラーを加え、ひと煮立ちして出来上がり。
[PR]
by tapasa | 2006-05-07 23:35 | とりとめのないこと